群馬で建てる注文住宅の選び方

subpage-img

群馬は利根川の上流地域として関東平野の一部をなし、西北部は険しい山岳地帯と接しています。


夏と冬の寒暖差が激しい気候風土は省エネ住宅が求められる地域でもあります。

高崎の工務店情報ならこちらのサイトです。

関東地方は将来巨大地震の発生も予想されることから、耐震性の高い住宅も求められます。
群馬で注文住宅を建てる場合は、依頼先選びが重要となります。

群馬での注文住宅の依頼先としては、大手住宅メーカーの他、地元の工務店があります。大手住宅メーカーは研究開発費の割合が多く、質の高い住宅を提供してくれます。

施主がしなければならないほとんどの作業を、営業マンが代行してくれるのも魅力です。さほどのストレスを感じずに、質の高い住宅を建てるには、大手住宅メーカーが適しています。


しかし、建築費は一般に高く、仕様もほとんど決まっているので、こだわりのある住宅を建てるには適さない依頼先でもあります。


群馬には、従来から続く工務店が数多く残っています。



工務店は施工技術が高く、技術を売りにしてる一方、最新の消費者の動向には無頓着な傾向がありました。
しかし近年、工務店も新しいトレンドを学習し、消費者の求める注文住宅を建築できるようになりました。


工務店は一般に自由設計です。



間取りが自由に決められるだけでなく、仕様も自由に選ぶことができます。


大手住宅メーカーでは採用が難しい瓦屋根も、工務店に依頼すれば施工してくれます。瓦屋根は重さが重く、地震には不利になりますが、建物本体を丈夫につくることで地震にも耐え、耐久性の高い住宅とすることができます。

top